外国人が日本で節約する方法

日本で生活してると物価が高いと感じる外国人も多いと思います。日本に出稼ぎにに来てる人はできるだけ費用を抑えて貯金したい方もほとんどだと思います。日本で主な生活費には、食費や水道光熱費などがあります。水道光熱費とは水道代と電気代、ガス代のことです。

このページでは、食費や水道光熱費の節約方法を解説します。また、食費や水道光熱費以外に掛かる生活費の種類も紹介。生活費ごとの節約方法もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

外国人が日本で節約する方法

日本に住む外国人が食費を節約する方法を紹介!

日本での食費を節約するには、自炊をして外食に掛かる費用を抑えるのがおすすめです。ここでは、日本に住む外国人が食費を節約する方法を4つ紹介します。

自炊をして外食を控える

食費の節約に最も効果的なのは、自炊をして外食を控えることです。外食は料理する手間が省けて便利ですが、その分多くの費用が掛かります。料理が苦手な人も、最初は簡単な料理から自炊してみましょう。作った料理は冷凍保存しておけば何日間か食べられるので、毎日料理する手間が省けてさらに食費の節約にも繋がります。また、忙しい朝も弁当箱に詰めるだけでランチ代の節約が可能です。

スーパーで安い食材やお惣菜を購入する

スーパーで安い食材を購入するのも、食費を節約する方法の一つです。スーパーによって安い食材の種類や価格が異なります。そのため、どのスーパーで何の食材が安いのかを確認するのが重要です。ただし、安い食材を大量に購入するとかえって無駄遣いをしてしまう可能性があります。料理に慣れていない人は、事前に何日間かの献立を決めて必要な食材だけを購入すると良いでしょう。

また、スーパーで安いお惣菜を購入するのもおすすめです。お惣菜は、時間帯によって価格が下がる場合があります。閉店時間が近くなると、割引シールが貼られるスーパーも多いようです。割引になる時間帯を知り安くお惣菜を購入すると、食費を節約できます。

家庭菜園で野菜を育てる

食費を節約するために、家庭菜園で野菜を育てるのも良いでしょう。ミニトマトやバジルなど、家の庭やベランダで気軽に育てられる野菜は多くあります。スーパーで購入するのではなく家庭菜園で育てると、野菜代の節約が可能です。家庭菜園に慣れてきたら、作物の栄養バランスや色味を考えて、さまざまな種類の野菜や果物を育ててみましょう。最初はわずかな節約でも、育てる野菜や果物の種類が増えると大幅な食費の節約に繋がります。

ボトルを持ち歩く

マイボトルを持ち歩くと、コンビニエンスストアや自動販売機で飲み物を購入する機会が減り、飲料代を節約できます。通勤や通学途中、休憩時間につい飲み物を購入してしまう人もいるでしょう。マイボトルに水やジュースを入れて持ち歩けば、飲み物を購入しなくても済み無駄な出費を抑えられます。

日本に住む外国人が水道光熱費を節約するには?

エアコンやお風呂を使用する際の少しの工夫で、水道光熱費を抑えられます。水道光熱費とは水道代と電気代、ガス代のことです。ここでは、水道光熱費を節約する方法を5つ紹介します。

冷房や暖房を効率良く使用する

水道光熱費を節約するには、エアコンを効率良く使用するのが重要です。冷房と暖房のどちらも、設定温度と外の気温の差が大きければ大きいほど電力を使用します。なお、家のなかが設定温度に達するには少々時間が必要です。そのため、短時間の外出であればエアコンをつけたままにしておく方が電気代の節約になります。

冷房を使用する際は少し高めの温度に設定して、サーキュレーターや扇風機を使いましょう。サーキュレーターや扇風機を使用すると空気が循環するため、冷たい空気を感じながら電気代を節約できます。一方、暖房を使用するときは温度を低めに設定して厚手のカーテンを閉めましょう。厚手のカーテンを使うと、窓の隙間から冷たい風が入ったり室内の暖かい空気が逃げたりするのを防げます。夏も冬も快適に過ごしながら、エアコンの電気代を節約しましょう。

都市ガスを契約する

都市ガスを契約すると、ガス代の節約に繋がります。なぜなら、日本の家庭で使われている「都市ガス」と「プロパンガス」だと、都市ガスの方が料金が安いからです。プロパンガスは小売業者が価格を設定するため、ガス代が高くなります。日本に住む外国人は、都市ガスが導入されている物件を選びガス代を節約しましょう。

お風呂の湯の沸かし方を工夫する

お風呂の湯を沸かす際の少しの工夫で、水道代とガス代を節約できます。たとえば、浴槽をふたで閉めると保温力が高くなるため、ガス代の節約が可能です。ただし、湯を沸かしたあとに時間を置くと冷めてしまうため、追い焚きが必要になります。そうすると、余計なガス代が掛かるため、お風呂の湯が沸いたらすぐに入るようにしましょう。また、自分が入っても溢れない程度の湯を沸かすのも重要です。水道代とガス代を節約するために、湯量を調節して溜めましょう。

お風呂の残り湯を再利用する

お風呂の残り湯を再利用するのも、水道代を節約する方法の一つです。お風呂の残り湯は洗濯や掃除、植物の水やりなどに使用できます。特に、洗濯をする際は大量の水を使うため、お風呂の湯を再利用すると水道代の節約が可能です。 なお、できるだけ湯が温かいうちに使用しましょう。なぜなら、冷たい水よりも温かい湯の方が服についた汚れを落としやすいからです。お風呂の湯に浸かったあと、長い時間を置かずに洗濯に使い回しましょう。

外出するときは家電のコンセントを抜く

電気代を節約するために、外出するときは家電のコンセントを抜きましょう。コンセントが接続されている家電は、操作を待っている状態で電力を消費します。たとえば、テレビはコンセントを抜かないと、リモコンの指示待ちのために微量ながら電力を消費するのです。電気代を少しでも節約したい場合は、家電のスイッチを切るだけでなくコンセントを抜いて電力の消費を防ぎましょう。

食費や水道光熱費以外に掛かる費用と節約方法

生活していくには、食費や水道光熱費以外にも家賃や日用品費などが掛かります。ただし、少しの工夫で日本での生活費の節約が可能です。ここでは、日本での生活費の種類や節約方法を紹介します。

交通費

生活をするうえで、どこへ行くのにも交通費が発生します。交通費を節約するには、近い距離であれば徒歩や自転車で行くのがおすすめです。また、電車の場合は使用する路線によって運賃が異なるため、最も安い金額で済む経路を調べると良いでしょう。さらに、バスを使用する際は、目的地の手前のバス停で降りて残りの距離を歩くだけでバス代を節約できます。

家賃

物件により異なりますが、生活費のなかでも大きな割合を占めるのが家賃です。日本に住む外国人のなかには、家賃の高さに悩む人もいるでしょう。家賃を節約するには、ルームシェアをする方法があります。ルームシェアをすれば、家賃を人数分で折半できるので節約が可能です。また、駅の近くや都心を避けて物件を探すのも家賃の節約に繋がります。駅の近くや都心にある物件は利便性が高いため、家賃も高くなりがちです。便利な場所にこだわりすぎず、安い家賃の物件を探してみましょう。

通信費

携帯電話を使用する際は通信費が発生します。携帯電話の通信費は、格安SIMの利用で節約できるでしょう。格安SIMを提供している会社は、大手携帯電話会社の設備を借りて運営しています。設備に掛かる費用が安いので、大手携帯電話会社に比べて携帯電話の月額料金の設定が低額です。そのため、格安SIMに切り替えると、毎月支払う携帯電話代を節約できます。

日用品費

シャンプーや洗剤などの日用品費も、生活するうえで欠かせない費用です。日用品を節約するには、なくなりそうな日用品のみを購入しましょう。安いという理由で不要な日用品を購入してしまうと、無駄な出費がかさみます。普段使用している日用品をリストにまとめて、必要なときに購入しましょう。また、日用品を最小限に留めて使い回すのもおすすめです。たとえば、重曹とクエン酸を購入すれば、お風呂や洗面所の掃除ができてかつ食器洗いもできます。使用用途別に考えず、複数の場面で使える日用品を購入して日用品費を節約しましょう。

まとめ

日本での生活費には、食費や水道光熱費があります。食費は、自炊して外食を控えたりスーパーで安いお惣菜を購入したりすると節約が可能です。また、水道光熱費はお風呂の湯を沸かす際の少しの工夫で節約できます。食費や水道光熱費以外に、家賃や交通費の高さに悩む人もいるでしょう。それぞれの費用を抑える方法を知り、実践できそうな節約方法を探してみるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました